BOATRACE宮島

電投コード17#

レース展望

PALBOAT宮島開設4周年記念第12回日本トーター賞2019/02/22 ~ 2019/02/27


PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

石渡がDR発進で混合戦をけん引!松村が当地連覇に全速戦で逆転狙う!

男女混合で主力陣の捌きが拮抗して思わぬ伏兵の台頭も期待され混戦必至の大会だ。そんな中、19年走り初めの江戸川でV発進を決めた石渡鉄兵の迫力のスリット戦が初日メインの「モンタドリーム」を逃げ切り主導権を握る。18年11月若松「W優勝戦」優勝のあと12月浜名湖「GⅠ周年記念」は予選落ちしたが転戦の住之江6着→18年走り納めの多摩川3着と連続優出。好況の走りを続ける石渡が15年10月「報知エキサイトカップ」優出5着して以来の出走で野長瀬正孝川北浩貴松尾昂明らとともに当地初Vを視野にスリット仕掛けも鋭さを増す。多摩川の正月戦で優出2着と好走の野澤大二は当地V2を狙う。芦屋の正月戦で準優3着も不良航法と判定され賞典除外となった松村敏だが、近況リズムは18年11月若松「W優勝戦」→12月平和島「タイトル戦」→住之江「一般戦」→大村「タイトル戦」と予選突破の好走を続けている。今大会は17年9月「中国・関東・九州3地区対抗戦」でVを飾って以来の当地連覇を狙ってスピード全開の攻めハンドルで序盤から白星量産も十分だ。滝沢芳行岡本猛のA1ハンドルもV候補の一角に挙げられる。落合直子樋口由加里の紅い航跡も軽視出来ない。粗削りだが江崎一雄向井田佑紀山下流心の全速戦は要警戒。

 

モンタドリーム出場予定選手


  • ①号艇
    3716 石渡  鉄兵
    <東京>

  • ②号艇
    3327 野長瀬 正孝
    <静岡>

  • ③号艇
    3606 川北  浩貴
    <滋賀>

  • ④号艇
    4236 松村   敏
    <福岡>

  • ⑤号艇
    3534 野澤  大二
    <東京>

  • ⑥号艇
    4424 松尾  昂明
    <福岡>