BOATRACE宮島

電投コード17#

レース展望

第45回岩田杯2019/03/03 ~ 2019/03/08


PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

前本、山口が岩田杯取りに燃える!三角、岡崎らの遠征陣もV圏内だ!

今大会で45回目となる優勝賞金200万円が懸かる“ボートレース宮島”伝統のタイトル「岩田杯」。グレードは一般タイトルだがこれまで彦坂郁雄や林通・貢兄弟、古川文雄、植木通彦(いずれも引退)らのレジェンド、そして現役でも西島義則市川哲也田中信一郎原田幸哉山崎智也今垣光太郎濱野谷憲吾峰竜太らのSGタイトルホルダーがVに名を刻んでいる。今回も11人のA1レーサーを中心に序盤からGⅠ戦を思わすパワフルな攻防でV戦線は混戦が期待される。地元タイトル死守を視野に前本泰和山口剛を軸にした赤ヘル水軍6人衆が知り尽くしたホームの水面で予選ポイントを重ね混戦を抜け出す構えだ。特に前本山口は「SGボートレースクラシック」参戦にV取りで弾みをつける大会初制覇に気合を引き締めドリーム発進を狙う。94年の21回大会に名を刻む大会最古参の亀本勇樹も侮れない。遠征陣では19年の新春シリーズでV発進を決めた三角哲男(多摩川)や岡崎恭裕(芦屋)も勢いに乗りV候補の一角に挙げられる。当地GⅠ優勝もある森高一真や18年12月唐津「GⅠダイヤモンドカップ」優勝のあと19年1月浜名湖のタイトル戦まで連続優出と快走を続ける山田康二もV争いを縺れさせる。16年11月優勝して以来の当地出走となる白石健や18年4月当地初優勝している森永淳らの当地連覇を狙う戦いも侮れない。

 

モンタドリーム出場予定選手


  • ①号艇
    3573 前本  泰和
    <広島>

  • ②号艇
    3256 三角  哲男
    <東京>

  • ③号艇
    4030 森高  一真
    <香川>

  • ④号艇
    4296 岡崎  恭裕
    <福岡>

  • ⑤号艇
    4205 山口   剛
    <広島>

  • ⑥号艇
    4500 山田  康二
    <佐賀>