BOATRACE宮島

電投コード17#

レース展望

プレミアムGⅠ第20回マスターズチャンピオン2019/04/16 ~ 2019/04/21


PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

前本がDR発進で地元大会死守狙う!濱野谷の勢いが大会初V取り圏内!

45歳以上、選考期間(2月1日~1月31日)勝率上位選手が参加条件の今大会も百戦錬磨の古豪に現役SG選手が加わりスピードに乗った熟練捌きが最終日の頂上決戦まで展開され平成最後のプレミアムGⅠはボートレースの醍醐味が堪能できそうだ。予選突破に6着でも5点と得点増しのアドバンテージが与えられている初日メインの「ドリーム戦」出場組が有利だ。なかでも1枠に陣取る前本泰和がGⅠ 7回を含み57優出、GⅠ含むV20の絶対相性を誇る当地水面で逃げ切り白星発進から、当地SG2冠の第11回大会覇者・西島義則島川光男市川哲也海野ゆかり上平真二らと共に、9回大会で田中伸二がVを飾って以来2度目の地元開催とあってタイトル死守に強力遠征陣の前に強固な厚い壁を築く。18年GⅠタイトルV2と復調ムードの濱野谷憲吾や18年10月蒲郡「SGボートレースダービー」優出の石川真二も勢いに乗ってV候補の一角に挙げられる。大会V3の現役レジェンド今村豊も当地GⅠ優勝2回と水面相性は悪くない。今垣光太郎松井繁服部幸男田中信一郎らも大会初V取りにSG捌きを炸裂させる。日高逸子山川美由紀寺田千恵海野らの紅い航跡も混合戦で実績を残しているだけに軽視出来ない存在だ。

 

ドリーム戦出場予定選手


  • ①号艇
    3573 前本  泰和
    <広島>

  • ②号艇
    3822 平尾  崇典
    <岡山>

  • ③号艇
    3473 石川  真二
    <福岡>

  • ④号艇
    3854 吉川  元浩
    <兵庫>

  • ⑤号艇
    3557 太田  和美
    <大阪>

  • ⑥号艇
    3590 濱野谷 憲吾
    <東京>