PROSPECT

レース展望

中日スポーツ賞中国VS東海VS九州3地区対抗戦 2019/05/19 ~ 2019/05/24

データニュースPDFを
ダウンロード

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

抜てき・村松のDR発進に注目だ!山口の本格化が逆転Vのカギ握る!

「中国、東海、九州3地区対抗戦」の企画レース。地元・広島勢を軸に中国地区が主導権を握ってきそうだ。中でも今大会のあと6月「GⅠ開設65周年記念」の出場が決まっている村松修二の奮起駆けに期待が集まる。14年5月デビューの114期生の村松はデビュー当時からスピードに乗った非凡なレースが目を引いていたが、初出走から1年8カ月の丸亀で初優出、初優勝。A1を3期連続キープした今年も2月多摩川「ルーキーシリーズ」で通算7度目の優勝と充実一途の走りを展開している。山崎裕司麻生慎介抹香雄三らとともに村松小畑実成米田隆弘武重雄介渡邊翼の中国勢を率いて混戦模様の大会をけん引する。赤坂俊輔山一鉄也長溝一生中島友和塩田北斗高田明中田達也らととともに九州勢をけん引する山口裕二だが18年9月若松一般戦で2日目落水失格から公傷帰郷。負傷開けで実戦復帰の12月芦屋一般戦で初日エンスト失格して再び公傷のため帰郷。3月下関の一般戦で実戦復帰して、今大会は5節目。山口の本格化が九州勢のカギとなってきそうだ。東海勢は松下一也深谷知博を軸に後藤正宗古川誠之服部達哉中嶋健一郎松尾拓前田篤哉らが予選道中からコーナー鋭く攻め込みV戦線を混戦に持ち込み好配の飛び出しを期待させる。

モンタドリーム出場予定選手

1号艇4816

村松  修二

広島

2号艇3944

山口  裕二

長崎

3号艇4207

松下  一也

静岡

4号艇4163

山崎  裕司

広島

5号艇4174

赤坂  俊輔

長崎

6号艇4524

深谷  知博

静岡

上に戻る