PROSPECT

レース展望

第49回スポーツニッポン杯 2019/08/14 ~ 2019/08/20

データニュースPDFを
ダウンロード

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

辻VS山口が互角のV争いを展開!大会連覇を狙う大上の全速戦警戒!

年頭の走り初め「正月戦」、春のGW「若葉賞」、お盆シリーズは地元・広島支部所属選手が中心にV戦線が展開され、ライバル心が勢い余って事故や不良航法、妨害失格と判定される波乱も多々起り思わぬ伏兵の台頭や高配の飛び出しもあった。今大会も初日メインの「スポニチドリーム」出場選手が軸になってくるが支部特訓で日頃研鑽を積んで成長著しい若手の予選突破も期待される。シリーズの主導権を握るのは、6月児島「開設67周年記念」優出5着でGⅠ戦線に復活の辻栄蔵。転戦の宮島「GⅠ開設65周年」で優勝。年末の大一番「SGグランプリ」に向けて走りを本格化してきたが17年47回大会以来のV6に照準を合わせDR発進を狙う。大会V4の山口剛も7月当地伝統の一戦「岩田杯」連覇の勢いに乗りの独走阻止から互角のV争いを展開する。当地GⅠV5を含みV22の市川哲也とGⅠ含めてV20の前本泰和も大会2度目の優勝を目指し序盤から厳しい戦いを展開する。大会連覇を狙う大上卓人や当地V2と成長著しい村松修二の全速戦も侮れない。大会覇者に名を刻む亀本勇樹吉本玲緒に加え正木聖賢山崎裕司西野翔太船岡洋一郎らのA1ハンドルも混戦抜け出し予選ポイントを稼ぎ高配の飛び出しを期待させる。

スポニチドリーム出場予定選手

1号艇3719

辻   栄蔵

広島

2号艇3573

前本  泰和

広島

3号艇3499

市川  哲也

広島

4号艇4205

山口   剛

広島

5号艇4682

大上  卓人

広島

6号艇4816

村松  修二

広島

上に戻る