PROSPECT

レース展望

第4回ポカリスエットカップ 2019/08/22 ~ 2019/08/25

データニュースPDFを
ダウンロード

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

羽野の速攻が短期戦戦を疾走する!山田と渡辺も互角のV争いを展開!

男女混合で準優制の4日間シリーズとあって予選は2日間と短く一走の取りこぼしが賞典出走の道を断つ展開もあるだけに厳しいバトルが展開され思わぬ伏兵の台頭で高配の飛び出しも期待される。混戦必至のV戦線をけん引するのは4月若松で優勝の後、7月丸亀「GⅢウエスタンヤング」優出4着した羽野直也のスピード戦だ。A1連続5期維持し、SG参戦10回の羽野が当地初Vに向け初日メイン「モンタドリーム」イン速攻仕掛けて白星発進を狙う。15年浜名湖「SGボートレースダービー」2着の山田雄太もFハンディを抱えてはいるが全速駆けに陰りはない。当地前走、19年1月「九スポプレゼンツ9代目ヘビー級王決定戦」3着の雪辱を懸け、18年1月当地で優勝して以来のVを視野に山田が厳しいスピード戦で羽野の独走阻止を狙う。4月浜名湖、5月福岡、6月常滑で今年V3の渡辺浩司。16期連続A1定着の巧腕が混戦突いてV候補の一角へ名乗りを挙げる。乙藤智史和田兼輔小野達哉らも緒戦でリズムに乗ればV一直線の展開も十分だ。当地V13の島川光男やV2実績の秋山広一らの熟練ハンドルも水面を手中に収めているだけに侮れない。女性陣では谷川里江大瀧明日香の存在は混合戦でも結果を出しているだけに軽視は出来ない。

モンタドリーム出場予定選手

1号艇4831

羽野  直也

福岡

2号艇4150

山田  雄太

静岡

3号艇4256

渡辺  浩司

福岡

4号艇4402

乙藤  智史

福岡

5号艇4446

和田  兼輔

兵庫

6号艇4653

小野  達哉

大阪

上に戻る