PROSPECT

レース展望

第26回日本財団会長杯 2019/09/05 ~ 2019/09/10

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

齊藤が混戦断って当地初Vを狙う!北村の絶対相性が当地V4圏内だ!

主力陣の捌きが拮抗して賞典出走を目指す男女混合の予選道中は混戦ムードが高まり思わぬ伏兵の飛び出しで高配も期待される。初日メインの「モンタドリーム」出場組が混戦抜け出しシリーズの主導権を狙う。1枠にノミネートされた齊藤仁。6月児島で優勝を飾り上昇機運に乗って当地初Vを視野にDR発進を仕掛けてくる。GⅠ優勝2回、SG優出3回の齊藤のハンドル実績は今大会で光っている。当地V経験のある佐々木和伸妹尾忠幸藤岡俊介らも予選ポイントを確実に重ねV本番へ進出を狙う。16年5月「日本財団会長杯」で当地V2して以来、17年8月「日本トーター賞」優勝を含め前回出走の18年8月「スポーツニッポン杯」2着まで6連続優出中の北村征嗣。当地水面に絶対相性を誇る北村が当地前走の雪辱を懸けたV取りハンドルが注視される。7月丸亀「GⅢウエスタンヤング」5着の島村隆幸の全速戦も優出圏内の存在だ。4月びわこ優勝の関裕也森竜也安田政彦のA1ハンドルもV候補の一角を占める。は当地V2、安田も前回3月「住信SBIネット銀行賞」に次いで当地連覇を狙う。高田ひかるの紅い航跡は波乱の存在として軽視出来ない。

モンタドリーム出場予定選手

1号艇3978

齊藤   仁

東京

2号艇3841

佐々木 和伸

徳島

3号艇3997

北村  征嗣

大阪

4号艇4089

妹尾  忠幸

岡山

5号艇4278

藤岡  俊介

兵庫

6号艇4685

島村  隆幸

徳島

上に戻る