PROSPECT

レース展望

GⅢマスターズリーグ第5戦第5回マクール杯競走 2019/09/15 ~ 2019/09/20

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

市川が地元奮起駆けで混戦を断つ!今垣、太田が互角の戦いでV狙う!

18年9月初降ろしされた機・艇ともに使い納めとなる「GⅢ マスターズリーグ第5戦」とあって良機・良艇が大挙出走が期待され、伏兵のエース級の機が行き渡れば大駆けで高配の飛び出しも期待される。マスターズ世代45歳以上が条件の参加46選手がこれまで重ねてきたGⅠ優勝実績は何とV104。激走必至のシリーズで主導権を握ると見られる初日メインの「モンタドリーム」出場選手のSGタイトルは市川哲也4冠、今垣光太郎9冠、太田和美7冠と強力だ。中でもボートレース界最高峰・グランプリに名を刻む市川太田の巧腕が光る。当地開催の4月「GⅠ第20回マスターズチャンピオン」優勝の今垣光太郎は新設された7月浜名湖「GⅡ全国ボートレース甲子園」でも優勝と復活ムードいっぱいに市川太田の間に割って入り3強でV争いを縺れさせる。倉谷和信山崎義明吉川昭男らの円熟ハンドルもV圏内だ。亀本勇樹山下和彦佐々木英樹らのA1復活を目指す地元勢の気合駆けも軽視出来ない。7月鳴門で優勝の鈴木幸夫や6点アップの好走を続ける竹上真司も侮れない。野長瀬正孝大平誉史明加藤高史山一鉄也らのA1ハンドルも予選突破からV本番進出を狙って序盤から厳しい走りを展開してきそうだ。

モンタドリーム出場予定選手

1号艇3499

市川  哲也

広島

2号艇3290

倉谷  和信

大阪

3号艇3319

山崎  義明

埼玉

4号艇3388

今垣 光太郎

福井

5号艇3557

太田  和美

大阪

6号艇3582

吉川  昭男

滋賀

上に戻る