PROSPECT

レース展望

第10回みやじマリンカップ 2020/08/20 ~ 2020/08/23

データニュースPDFを
ダウンロード

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

近況充実の中島が当地初Vを狙う!田頭のS攻勢が互角のVを争う!

準優制で4日間の短期シリーズ。予選は2日間と短く、賞典出走を目指す戦いはいつも以上に1走の重みが増し好配当の飛び出しが期待される。10年住之江でボート界の最高峰「SGグランプリ」優勝の中島孝平。99年7月当地でデビュー初勝利を挙げた中島がメモリアル水面でドリーム発進から当地初Vを視野にシリーズの主導権を握る。中島は近況も5月三国→6月常滑GⅢ→尼崎で優勝と好走を続けている。中島の独走阻止を狙いF過を恐れぬ迫力のスリット攻勢を仕掛けるSG2冠、GⅠ優勝6回の田頭実が18年5月「新東通信杯」以来の当地V3を狙う。16年12月「住信SBIネット銀行賞」で当地3度目のVゴールを駆け抜けた林美憲。6月徳山「GⅢマスターズリーグ」5着→7月芦屋一般戦2着と近況好調な攻めを続けるが水面相性も良くV候補の一角へ浮上も十分だ。金子龍介田中和也宮地元輝の速攻仕掛けもV戦線を縺れさせる。SG2冠・山本浩次や当地V2の古場輝義白水勝也、当地V4実績の藤丸光一らマスターズ世代の円熟ハンドルもV候補の一角として軽視出来ない。A1復活で勢いに乗る地元・奥田誠の気合駆けもホーム水面初Vを視野にスリット→コーナーも鋭さを増してきそうだ。

みやじマリンドリーム出場予定選手

1号艇4013

中島  孝平

福井

2号艇3257

田頭   実

福岡

3号艇3743

林   美憲

徳島

4号艇3795

金子  龍介

兵庫

5号艇4357

田中  和也

大阪

6号艇4445

宮地  元輝

佐賀

上に戻る