PROSPECT

レース展望

第50回サンケイスポーツ若葉賞 2021/04/22 ~ 2021/04/28

データニュースPDFを
ダウンロード

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

前本と山口が長丁場の主導権握る!大上、村松の全速戦が逆転V狙う!

地元選手を軸に7日間の長丁場で期末の覇が争われ級別の維持昇級も気にかかるシリーズ。予選→準優進出戦4レース→準優勝戦3レース→頂上決戦と中だるみを許さぬ攻防が展開され24人が5日目準優進出戦にコマを進めるとあって通常より予選クリアの窓口が広がり伏兵陣の奮起駆けで好配の飛び出しも期待される。元旦の「日刊スポーツ栄光楯広島ダービー」でイン逃げを決めた前本泰和。3月12日芦屋4着まで5連続優出、V3の快進撃続ける前本が14、15年大会連覇して以来「若葉賞」V6を視野に初日メイン「若葉ドリーム」の白星発進で激戦シリーズの主導権を握る。16年の大会でV4の山口剛がSG戦線で鍛えられたハンドル鋭く前本に互角のV争いを迫る。47回大会の大上卓人、48回大会の村松修二が「若葉」を象徴するVを飾り、GⅠ→SG戦線へと羽ばたいた。大会V2に向け序盤から全速戦を展開して前本山口に互角の戦いを挑む。3月「住信SBIネット銀行賞」まで地元優出22回もVに恵まれていない船岡洋一郎。正月戦でも4コースまくりを敢行も好枠勢にけん制され惜敗の船岡。地元初Vを懸け大会に臨む船岡西野翔太とともにV戦線を縺れさせる。昨年の大会覇者・松本博昭がA1復活を視野に予選ポイントの上積みが勝率アップにつながるだけに気合の走りで大会に臨む。A1返り咲きを狙う正木聖賢やA1昇格に気合の走りを展開する浜先真範も侮れない。

若葉ドリーム出場予定選手

1号艇3573

前本  泰和

広島

2号艇4205

山口   剛

広島

3号艇4302

西野  翔太

広島

4号艇4398

船岡 洋一郎

広島

5号艇4682

大上  卓人

広島

6号艇4816

村松  修二

広島

上に戻る