PROSPECT

レース展望

第4回東京スポーツグループ杯 2021/09/27 ~ 2021/10/02

データニュースPDFを
ダウンロード

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

近況充実・田頭のスタート駆けV一直線!尾嶋、藤山、井上らの全速戦警戒!

Fに苦しんだ時期もあったSG2冠・田頭実の近況が充実一途だ。5月若松「SGボートレースオールスター」のあと、丸亀優勝→大村優出2着→唐津選抜3着→若松「お盆シリーズ」優勝と5月福岡「GWシリーズ」2日目Fを感じさせない走りで田頭は各地のV戦線をけん引し続けている。今大会も優出6回V2実績の宮島でスロー水域から仕掛ける田頭の迫力スリット攻勢がV候補筆頭に挙げられる。SG優出17回でV2の烏野賢太。当地は優出10回V2と好走。今年はまだV美酒に届いていないが、8月地元・鳴門のお盆シリーズで予選を突破。着実に賞典出走を続ける巧腕を発揮して当地V3を視野に烏野が序盤の戦いから予選ポイントを積み上げてくる。烏野と同郷の当地連覇を狙う一宮稔弘や7月「みやじマリンカップ」4着の雪辱を期す眞田英二もV戦線を縺れさせる。04年6月デビュー2節目の宮島で初勝利を挙げた永田啓二。当地の初Vゴールを目指しメモリアル水面で気合の走りを展開する永田は要警戒存在だ。7月丸亀で今年V3の尾嶋一広や6月鳴門で今年V3した藤山翔大そして6月地元住之江で優勝と近況好走を続ける井上忠政らの全速戦の大暴れも軽視出来ない。亀本勇樹松本博昭奥田誠古川健村上奈穂らの地元勢の奮起駆けも期末が近づいているだけに予選突破と合わせポイント争いが注目される。

モンタドリーム出場予定選手

1号艇3257

田頭   実

福岡

2号艇3304

烏野  賢太

徳島

3号艇4288

永田  啓二

福岡

4号艇4472

尾嶋  一広

兵庫

5号艇4561

藤山  翔大

大阪

6号艇4959

井上  忠政

大阪

上に戻る