PROSPECT

レース展望

第11回やまだ屋「桐葉菓」杯広島VS岡山VS山口3支部バトル 2021/11/25 ~ 2021/11/30

データニュースPDFを
ダウンロード

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

広島・上平と村松が混戦をリード!立間、谷村もV候補の一角を狙う!

新機・新艇に温水パイプが装着された第2戦「広島VS岡山VS山口3支部バトル」の優勝賞金100万円が懸かる企画レース。今大会で登録エンジン、ボートともに一巡使用されるが気配相場はまだ定まらず、ボートレース宮島をホームコースとする広島支部を軸に近隣支部の岡山、山口ともに走り慣れた水面とあって序盤から調整も的確に白熱の攻防が展開され好配当の飛び出しが期待される。上平真二村松修二を軸とした地元勢が遠征陣の前に厚い強固なカベを築き混戦シリーズをけん引する。特に上平は10月若松「GⅢ企業杯」で今年3度目の優勝。当地でも4月「GⅠダイヤモンドカップ」3着と近況も充実一途の上平村松も7月びわこ「GⅡMB大賞」を含め10月若松で今年4度目のVゴールを駆け抜け勢いに乗り上平とともにVに照準を合わせる。18年「東京スポーツグループ杯」→19年「九スポプレゼンツヘビー級王決定戦」で当地連覇実績のある立間充宏がGⅠ戦線を転戦する渡邉和将や6月「富士通フロンテックカップ」で当地V4の荒井輝年らと予選突破からベスト6入りを狙う。16年当地開催の「GⅠ中国地区選手権」優勝の谷村一哉。9月「GⅠ宮島チャンピオンカップ開設67周年記念」3着惜敗の大峯豊原田篤志吉村正明竹田辰也柳生泰二らと谷村がV候補の一角へ食い込む。

やまだ屋ドリーム出場予定選手

1号艇3737

上平  真二

広島

2号艇3717

立間  充宏

岡山

3号艇3961

谷村  一哉

山口

4号艇4237

大峯   豊

山口

5号艇4537

渡邉  和将

岡山

6号艇4816

村松  修二

広島

上に戻る