PROSPECT

レース展望

第15回日本トーター賞 2021/12/08 ~ 2021/12/11

データニュースPDFを
ダウンロード

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

正木が地元勢を引き連れVけん引!菅の自在速攻戦がVの一角狙う!

新機・新艇の3節目は準優制で4日間の短期決戦。予選2日間は一走入魂の走りで思わぬ伏兵の台頭も予感され混戦必至のシリーズになりそうだ。新機新艇シリーズ第1戦の11月「週刊大衆杯」出場の正木聖賢古賀繁輝正木は10年6月「フマキラーカップ」、古賀は08年6月「GⅢ新鋭リーグ」以来、共に当地優勝から遠ざかっている。今大会に臨む直前の気配状況を体感している正木古賀は有利だ。特に地元気合の正木は初日メインの「日本トータードリーム」1枠に陣取り、インの踏み込みも的確にドリーム発進から田中伸二松本博昭貫地谷直人三宅健太橋本明福田慶尚らの地元勢の先頭に立ち混戦シリーズの主導権を狙う。20年後期、21年前期と1年間のB2暮らしを強いられていた菅章哉。21年後期7点台のA1復帰し、22年前期も7.25の勝率でA1を維持。6月「日本財団会長杯」→8月お盆レース「スポーツニッポン杯」の当地連覇を含め10月丸亀で今年V6のの近況は勢いに乗っている。逃げ、まくりと枠に応じた変幻自在の攻め口で当地3度目のV取りに挑むの全速戦がVの一角に名乗りを挙げる。古賀と同期の永田啓二は21年10月当地3連続優出の「東京スポーツグループ杯」2着と惜敗。当地初Vに照準を合わせ岩崎正哉森永淳らとともにV取りに奮起の走りで臨む。

日本トータードリーム出場予定選手

1号艇3920

正木  聖賢

広島

2号艇3853

岩崎  正哉

福岡

3号艇4072

森永   淳

佐賀

4号艇4288

永田  啓二

福岡

5号艇4294

古賀  繁輝

佐賀

6号艇4571

菅   章哉

徳島

上に戻る