PROSPECT

レース展望

第9回東洋観光グループ杯 2021/12/14 ~ 2021/12/19

データニュースPDFを
ダウンロード

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

平尾ドリーム発進でV取りけん引!海野の地元奮起駆けが逆転V狙う!

男女混合の6日間シリーズ。男性陣はSGタイトル2冠・平尾崇典、そして女性陣は当地優出34回V6の好走実績を残す地元・海野ゆかりが激走の軸になる。初日メイン「東洋観光ドリーム」で1枠に陣取る平尾と2枠・海野が直接対戦。6月児島、7月丸亀で優勝の平尾は9月江戸川「GⅢ企業杯」で2着と好リズムの走りを続けている。前走の20年7月「ジャパンネット銀行賞」6着を含め優出7回でV1と地元・児島と同じ海水面の当地に苦手意識はない。平尾がインの踏み込みも的確に攻撃陣を退け白星発進でV戦線の主導権を狙う。海野は当地、10月混合シリーズ「BTS尾道開設1周年記念」2着と惜敗。今大会は雪辱を期しての参戦とあって圧倒的な水面実績を残す地元戦の奮起駆けでVに照準を当て、22年前期A1入りした同郷・實森美祐とともに女性陣の先頭に立つ。平尾と同期の中辻博訓は5月「ヤクルトカップ」に次ぐ当地連覇を狙っての参戦。9月浜名湖6着→唐津2着→10月多摩川「GⅠ開設67周年記念」選抜5着としたあと、尼崎で今年3度目の優勝と乗れている中辻は“強力”だ。下條雄太郎井上一輝野中一平らのスピード戦もV候補の一角を狙う。22年前期A1復活の村越篤前野竜一長野壮志郎も当地の好走実績を残すだけに要警戒存在だ。A1返り咲きに気合の走りを続ける平見真彦藤山雅弘佐藤博亮らの速攻も侮れない。

東洋観光ドリーム出場予定選手

1号艇3822

平尾  崇典

岡山

2号艇3618

海野 ゆかり

広島

3号艇3833

中辻  博訓

福井

4号艇4352

下條 雄太郎

長崎

5号艇4826

井上  一輝

大阪

6号艇4850

野中  一平

愛知

上に戻る