PROSPECT

レース展望

第6回中国新聞販売センター杯 2021/12/24 ~ 2021/12/27

PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページからダウンロードしてください。
※Adobe Acrobat Readerのダウンロードは無料です。

深川がイン巧走で短期戦をリード!当地連覇を狙う平田の巧腕を警戒!

当地の21年走り納めのVは、準優制で4日間の短期決戦で争われる。予選突破に向け一走の取りこぼしが窮地となる緊迫の攻防が初日から展開され、思わぬ伏兵の台頭で好配当の飛び出しも期待される。混戦シリーズを巧ハンドルで主導権を狙うのはSGタイトル2冠の烏野賢太深川真二。9月「PayPay銀行賞」で当地3連続優出中と好走を続ける今村暢孝武田光史、10月「報知エキサイトカップ」優勝に次ぐ当地連覇を狙う平田忠則、3月当地「GⅢやまだ屋桐葉菓杯」を含み9月三国で21年V7と好走の萩原秀人、当地4月「GⅠダイヤモンドカップ」優出の杉山裕也、スリット迫力満点の全速駆けでV戦線を混戦に持ち込む岩瀬裕亮西野雄貴らのA1勢も互角のV争いへ持ち込む。特に8月尼崎「GⅡMB大賞」優勝の深川萩原は21年の走り納めのVを22年につなげるためにも気合の短期戦となる。6着でも5点の得点増しの初日メイン「モンタドリーム」1枠に陣取る深川。インの踏み込むも的確に攻撃陣を封じ逃げ切り、06年8月「日本モーターボート選手会会長杯」9戦8勝2着と準パーフェクトV以来の当地優勝を視野に置く。優出31回V5の石田豪や優出14回も惜敗が続く岡谷健吾、そして地元初の予選クリアを狙う半田尚也らの広島トリオの地元走り納めも侮れない。

モンタドリーム出場予定選手

1号艇3623

深川  真二

佐賀

2号艇3265

今村  暢孝

福岡

3号艇3898

平田  忠則

福岡

4号艇4061

萩原  秀人

福井

5号艇4604

岩瀬  裕亮

愛知

6号艇4812

西野  雄貴

徳島

上に戻る